捏ねるのが楽しい!子供も喜ぶ上新粉を使ってつくるみたらし団子の作り方を紹介します。

子供が好きな粘土遊びのように、団子をコネコネ、まるまると丸めることができるみたらし団子のレシピをご紹介していきたいと思います。

材料 (約5本分)

  • 上新粉  100g
  • 白玉粉  100g
  • 水    160~180ⅽc

たれの材料

  • 砂糖   大さじ4
  • しょうゆ 大さじ1
  • 片栗粉  大さじ1/2
  • 水    100ⅽⅽ

作り方   さあ、スタートです!

今回も分かりやすいように色を変えてご紹介していきたいと思います。

オレンジ色は、娘にしてもらったところです。

黒文字は、私 母がしたところです。

1.ボウルに上新粉、白玉粉を入れて混ぜます。

2.水を少しずつ加えながら耳たぶくらいの固さまで手で練っていきます。

3.一口大(15cm前後)に、丸めていきます。

4.たっぷりの湯で茹でていきます。

目安は、入れたお団子が浮き上がってきて1分ぐらいです。

5.ゆであがった団子を、冷水に取り冷まします。

6.団子を串に刺していきます。

7.小鍋にたれの材料を入れて弱火にかけ、とろみがつくまで木べらで混ぜる。

8.たれを団子にかける。

※お子様がされる場合は、熱いので火傷しないように見守ってくださいね!

さあ、完成です。

コツ・ポイント

  • 団子ができ串に刺した状態で、網などにのせて軽く焼くと、香ばしくなるのでおススメです。
  • たれは、とろみがつき始めたら、すぐ火を消してください。
    気を付けないと硬くなりすぎます。
手作りの様子

団子を練る作業がとても楽しかったみたいです。「へぇー。これがあのお団子になるんだねー」と新たな発見もあったみたいですよ。

気になるお味は・・・

おいしかったんですが、私が、たれをつくるときに火を止めるのを早すぎたのかとろみが少な目になったのかたれがあんまり絡まず、残念でした。
いろいろレシピ探してたら他のたれレシピ発見したので、 これはリベンジですね!

子供は、喜んで食べてました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする